北海道で太陽光発電なら、ヒロエナジー。 北海道で太陽光発電なら、ヒロエナジー。

太陽光発電をおすすめする理由Recommend reasons

1.投資におすすめ

・「低リスク高利回り」「高い信用性と安定性」

投資家の目からすれば、誰からお金が入るのかが非常に大きなポイントです。
太陽光発電の最大の安心材料は、エネルギー根幹の電力各社からお金が入金されること。
国の政策によりFIT価格買取制度が確立していて20年間の買い取り保証がされています。

・不動産投資と比べると…

不動産のデメリットには、不安定な入居率、室内のリフォームや家賃滞納が挙げられます。
30年などの長期借上げには家賃滞納の心配はない反面、利回りが悪いと言われています。
たとえば…中古マンション購入価格が2,600万円、家賃15万円で貸しても利回りは6.9%です。

太陽光発電なら、入居率や家賃未回収の心配はありません。
長い回収期間のあいだ、経年劣化もさほど気にすることなく太陽がある限り発電してくれます(※日照時間に左右されます)
トータル的にみてリスクを最低限に抑えられる投資といえます。

用語解説固定価格買取制度(FIT)とは?

固定価格買取制度(Feed-in Tariff =FIT)とは、太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーで発電した電気を一定期間、電気事業者が国が定める価格で買い取ることを義務付ける制度です。

対象となる再生可能エネルギーは、太陽光発電、風力発電、水力発電、地熱発電、バイオマス発電の5つです。「再エネ賦課金」として、電力会社が買い取る費用の一部を電気を利用する国民が負担しています。設置費用を回収する見通しを立ちやすくすることで、再生エネルギーでの発電促進を目的としています。

固定価格買取制度(FIT)があれば、投資をする前に「何年で元をとれるか」ということがわかるので、リスクを背負わずに設置をすることができます。

2.税金対策におすすめ

贈与税の非課税枠 (110万円) を活用し、毎年お金を贈与する相続税対策を「暦年贈与」といいます。
太陽光発電による税金対策として、両親や祖父母が将来の教育資金・相続などの為に太陽光発電施設を購入し、売電収入を贈与する方法があります。

税金対策におすすめ

※毎年同じ額の贈与を長期間に渡って続けると、定期贈与とみなされ一括で贈与税がかかることがあります。

3.エコ活動におすすめ

太陽光で電気を作り出すので枯渇する心配はありません。
また地球環境にも優しくCO2削減に寄与することができます。
収入を得ながら再生可能エネルギーを作り出す太陽光発電は、個人・企業の社会貢献に最適です。

※くわしくはコラム「太陽光発電システムと環境との関係」をご覧ください。

4.老後の収入におすすめ

年金2000万円問題がニュースや新聞で話題になりました。
金融庁の報告書によれば、年金などの収入と生活費に必要な支出の差は毎月5万円程度で、30年間で約2000万円の不足が発生する計算になるそうです。 この支出には老人ホームの介護費用や住宅リフォームなどの特別な支出は含まれていません。
老後に必要な資金を確保するには、早い時期から資産形成する必要があります。

また、今なら為替や株価変動の影響を受けずに固定価格で20年間売電できます。
年間を通してみると売電収入は概ね安定しており、20年間の事業計画を立てやすいのが太陽光発電の特徴です。

事業計画例

前提条件
初期投資費用(15年ローン) 2,000万円※1
売電単価 18円
年間発電量 102,000kWh
年間想定売電収入※2 202万円

老後の収入におすすめ

  1. 利息500万円のトータル額2,500万円ローンを想定しています。
  2. 利回り10.1%で計算
  3. 年間想定売電収入202万円からローン返済額を引いた額。
ここからメンテナンス費用や税金などが差し引かれますが、最終的には1000万円以上の収益が見込めます。